登録販売者求人.com

薬剤師と登録販売者の違い

薬剤師と登録販売者の違いは、さまざまな点において存在しているようです。

まず、薬剤師はその資格が国家資格となっていますが、登録販売者は都道府県知事による認定資格となっている点です。また、従事できる業務の内容にも大きな違いがあります。例えば、調剤業務です。病院から発行される処方箋に基づいて行われる調剤業務は、薬剤師資格を持った者だけが行えるものです。ですので、調剤業務は薬剤師のみが行える業務であるという事になります。さらに、ドラッグストアや薬店などにおける一般用医薬品の販売についても、薬剤師は第一類医薬品・第二類医薬品・第三類医薬品の全てを販売する事ができますが、登録販売者の場合には第二類医薬品および第三類医薬品のみしか販売する事ができない事になっています。これは、医薬品に関する知識の違いによるもので、副作用などの危険度の高い第一類医薬品については、薬剤師が、その高度な知識をもって対面販売を行い、書面による情報提供を行わなくてはならないと義務付けられているためなのです。もし、第一類医薬品を買いに来た人が、例えば他の医薬品を常用していた場合などには、飲み合わせや相互作用などの判断を行う必要が出てきてしまいます。こうした判断は、高度な専門知識を豊富に有している薬剤師でなければ行う事ができません。

このように、同じ「医薬品を取り扱う事のできる資格」でありながら、薬剤師と登録販売者の間には、大きな違いが存在していたのです。とは言え、登録販売者が取り扱う事のできる第二類医薬品および第三類医薬品は、一般用医薬品のおよそ95%を占めているとも言われており、ドラッグストアなどで見かける医薬品のほとんどが、第二類医薬品および第三類医薬品であると言う事もできるのです。つまり、9割がたは登録販売者で対応できてしまうと言う事なのです。こうした現実から、たった5%の第一類医薬品のために、人件費の高い薬剤師を配置するのではなく、比較的人件費を安く抑える事のできる登録販売者で対応するといったドラッグストアや薬店が、今非常に急増しているのです。そのため、登録販売者の需要が急激に高まっており、就職にはもってこいの好景気となっているようです。求人サイトや求人雑誌にもその募集はあふれており、中でも大手転職エージェントの扱う求人には、好条件なものが揃っていると言われていますので、登録販売者の資格を生かして活躍して行きたい人にはお勧めです。




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 登録販売者求人.com All Rights Reserved.