登録販売者求人.com

登録販売者の給料・年収

登録販売者の給料および年収は、学歴や経験、年齢などの他に、勤務先の種類や地域によっても違いがあるようです。例えば首都圏と地方都市、大卒と専門卒、10年の経験を持つ人と1年しか経験していない人などでは給料に差があるのは当然と言えるのかもしれません。

具体的な例では、パートやアルバイトの時給なら、800円程度から1,100円程度、社員としての月給であれば18万円程度から20万円程度といった具合で、年収に直せば初年度でもおよそ300万円程度という事が言えるようです。もちろんこれも、平均的なものですので、首都圏ではこれらより若干高め、地方都市では若干低めになっている事も少なくありません。また、地域や学歴などとは関係なく、経験年数が長い人の場合には、こうした給与設定とは他にプラスアルファが用意されている事も多いようです。

このように、登録販売者の給料や年収は、薬剤師と比べれば低いかもしれませんが、一般的な職種やパート・アルバイトなどと比べた場合は決して低いものではないのです。色々なところで「登録販売者は給料が安い、年収が低い」などと言われる事もあるようですが、年収200万円台と言われる人たちが急増している今、初年度の年収が300万円程度となる登録販売者は、決して定収入ではないと言えます。

この登録販売者という資格は、正式には販売業と言う事になるのですが、職業区分の上では「医療従事者」という扱いになっています。つまり、薬科大学や薬学部に必ずしも行かなくても、医療従事者として一般用医薬品の販売に携わる事ができるという事もあり、今、非常に注目を浴びている資格なのです。

当然、それに伴い求人状況も非常に良くなっていますので、登録販売者の資格を生かして就職するには、絶好のチャンスだと言えるのです。一般的な求人サイトや求人雑誌などでも、登録販売者の募集は広く行われています。また、店舗などでもパート募集の張り紙をするなどして広く求人を呼びかけているのを目にする事が多くなりました。このように、登録販売者を求める企業が非常に増えており、言ってみれば登録販売者資格所有者側の完全な売り手市場になっているといった状況なのです。とは言え、手当たり次第に応募しても、採用される事はありません。また、せっかくの資格を安売りする事にもなりかねませんので、自分なりの希望条件をしっかりと持ったうえで、転職エージェントなどの信頼できるところを通じて就職するのが、成功のカギと言えるようです。




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2016 登録販売者求人.com All Rights Reserved.