登録販売者求人.com

調剤薬局の登録販売者

調剤薬局では、病院から発行された処方箋の内容に従って調剤を行っています。これは、薬剤師のみに許された行為であり、登録販売者がこれを行う事は残念ながらできません。しかし、だからといって登録販売者が調剤薬局に勤務する事ができないかというと、そうではないのです。調剤薬局における登録販売者の業務には、例えば第二類医薬品や第三類医薬品などの販売、処方箋の受付や事務などといったものがあり、薬剤師の行う調剤業務を支えるものとなっているのです。つまり、調剤業務および第一類医薬品の販売を除けば、調剤薬局にも登録販売者が行う事のできる業務はたくさんあるという事なのです。

調剤薬局に勤務すれば、医薬品に携わる業務を行う事ができ、調剤こそはできませんが、事務をはじめ数々の奥深い経験をする事が可能となります。ただ、一般用医薬品の数でいえば、調剤薬局はドラッグストアにはかないませんので、多くの一般用医薬品の取り扱いがしたい人や、医薬品販売を主体となって行いたい人には、調剤薬局ではなくドラッグストアのほうが向いているのかもしれません。つまり、専門性を求めるのであれば調剤薬局、幅広い経験を求めるのであればドラッグストアでの勤務がお勧めだと言えるようです。

しかし、現実的な事を言えば、調剤薬局での登録販売者の募集はほとんど見かける事がなく、多くの場合は薬剤師および事務員によってまかなわれているようです。ですので、調剤薬局での勤務を希望する登録販売者は、その求人情報を見つける事に苦労してしまう可能性もありそうです。とは言え、調剤薬局での登録販売者の募集が全くないわけではありません。薬剤師などの転職を専門的に手掛けている転職エージェントなどでは、そういった求人情報を取り扱っているのです。ですから、調剤薬局での勤務を希望している登録販売者は、そのような転職エージェントを利用してみるのがお勧めと言えます。また、事務員の募集などに応募してみるというのも手かもしれません。事務員だけれども登録販売者の資格を持っているともなれば、幅広い業務を任される事となり、大いに活躍していく事ができると言えるのです。いずれにしても、登録販売者は薬剤師に次いで、責任ある業務を任される事が多い職業ですので、大きなやりがいを得る事が出来ると言えます。多くの勉強をしてせっかく取得した登録販売者資格ですから、飾っておくのではなく、生かす方向で考えるのも良いかもしれません。




▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 登録販売者求人.com All Rights Reserved.